ニコニコ動画に投稿してる、MikuMikuDanceを使った動画を紹介するブログ。全然伸びないので、ブログを作ったら少しは伸びるんじゃないかと安直に考えてみた。

みんみんダンスじゃなくてみくみくダンス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
レッツゴー深海へ


ども、眠民です。ニコニコ動画に動画を投稿しています。
ブログに書けば、ちょっとは伸びるんじゃないかと、安易な考えで、今日からブログします。

まぁ、それは半分くらいは本気なんだけどねw

残りの半分は動画についての補足情報だったり、自分の思いなんかを書いたり書かなかったり、自分の作品について以外の事では、疑問に思うことなんかを、ダラダラと書いていきたいと思います-。



http://www.nicovideo.jp/watch/sm6304642

さて、記念すべき第1作目。

ずっと見る専門だった。だけど何を血迷ったか、MikuMikuDance(以下、MMD)をダウンロードして、自分でもやってみた。

そして、初めてミクが動いた時、思わず「おお!」と声を出して感動したものだった。


エンコードのことがよく分かっておらず、残念画質だけど、とにかく何かしらの形ができ、投稿できたことが嬉しかった。

ちなみに、海に落ちていく映像になっているけれど、実際はモデルを上に移動させ、それをAVIUtlか何かで上下反転させた。

たしか、その方が楽だったからだと思う-。


曲はTomTomClubのサボシアーナ。いつかこの曲で、PVを作りたいと密かに思っている。

密かと言えば、PVを作ろうと心に秘めている曲がいくつかある。多分MMDをやりだしたキッカケは、コレだろうなぁ。

イメージは、頭の中にあるんだけど、それをMMDで実現するだけのスキルがまだ無い。

なので、そのスキルが身につくまで、モデルを思うように動かせるようになろう!と心に誓った次第だ。

で、色々なパターンの動画をつくり始めたわけだね。
どれかの動画に、僕のマイリストを見ると「迷走している状態がよく分かる」ってコメントがあった。


自分では作ろうと思ったものを作っただけなんだけど、我ながらどうしてこうなったかは、謎だね。
思いついたままに作っているからねぇ。

結構、コメントもヒントになったりするし、自分で作った動画が次作のキッカケにもなったりしてる。


やりたい事はたくさんあって、頭に浮かぶイメージもたくさんあるんだけど、いかんせんそれを出力するだけのスキルと時間が足りない。

もっともっと、出したいぜぇ。


ってわけで、今日はこの辺で。
それではまた!

眠民でした。



スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ系 - ジャンル:

| 投稿動画 | 20:49 | トラックバック:0 | コメント:3
歩くテスト
ども、眠民です。昨日ブログをつくったばかりなのに、期待していたとは言え早速コメントしてもらえて、とても嬉しいです。これからも生暖かく見守って下さいませ。

さてMMD2作目は「歩くテスト」です。Ver2.02で作ったやつですねぇ。モーションと言えば、まず歩きだろうということで、作ってみたわけです。


【ニコニコ動画】【MikuMikuDance】肩で風切って歩くテスト

これ、うpする直前まで「歩くテスト」という題名のつもりでした。PCのフォルダ名も同じですしね。だけど、そのままうpしても面白みが無いなぁと思って、んーと悩んだあげくに、ぱっと浮かんだのが「肩で風切って歩くテスト」でした。

肩で風を切って歩くことを意識せずに作ったのにねぇ。

案の定コメントで指摘されましたよw
意味知らないんでは?って(^^;

悲しかったです~。


で、何はともあれうpできた訳ですが、何故か残念画質!ということで、エンコードについてあれこれ調べて、さあこれでどうだ!とうpしたのがコレです。


【ニコニコ動画】【MikuMikuDance】(再)肩で風切って歩くテスト

やっと残念画質を卒業できたのですが、ここからニコエンコに出会うまで、エンコードで苦しむ道を歩み始めたって訳です。


曲はINXSのSUICIDE BLONDE ですね。INXSは、この曲しか知りません(^^;

それではまた!
眠民でした。
| 投稿動画 | 22:21 | トラックバック:0 | コメント:0
ウマウマ講座を見てウマウマしてみた


ども、眠民です。夏ばて厳しいですねぇ。っていうか、地震とか台風とか大雨とか、皆さん大丈夫ですか?災害は忘れた頃にやってきますからねぇ…。

さて、MMDの話です。

第3作・4作目はウマウマです。歩きの次のモーションといえばウマウマだろうということで、作ったというわけです。ウマウマ講座動画がありましたので、それを見て作りました。あれはいい物だ。


【ニコニコ動画】【MikuMikuDance】ウマウマ講座を見てウマウマしてみた

で、もうええやろ!と、Ver2からVer4にステップアップだ~ってことで、作ったのがコレです。


【ニコニコ動画】【MikuMikuDance】ウマウマ動画を見てVer4でウマウマしてみた

嬉しくて全員酒豪…、すみません、咬みまみた。嬉しくて搭載モデル全員集合させています。3作目のウマウマで、足が地面に張り付いている様だというコメントがあり、モーションを地味に修正しています。

Windowsムービーメーカーで編集しているのですが、なんかこの頃の方が、うまく場面展開をしているようなんですが、気のせいでしょうか?

しかも画質も今より良いような…。

気のせいであると信じたいです。


ちなみに、この動画でたまたまネルに涙を浮かべさせたことで、後の作品「ネルウマ」につながって行きます。

ネルにしたのは、たまたまなんですよね~。単純に涙のアクセサリを使いたかったのです(うわっ、ぶっちゃけてもた!)。

そのたまたまが発展して、ちょっとした物語風の作品を作ることになるとは、自分でも予想が付きませんでした。


ということで、ネルウマについては、後日詳しく書くことにします。

それではまた!
眠民でした。

| 投稿動画 | 00:35 | トラックバック:0 | コメント:0
仮面ライダーミクイド


ども、眠民です。いやあ、第3回MMD杯盛り上がっていますねぇ。予選に間に合わなかった僕としては(というより、間に合わないと最初からあきらめていたかも)、ちょっといじけモードです。なので、まだどの作品も見ていないです。

一応ネタは考えているので、遅刻作品としてそのうち投稿するかもしれない運転です。

さて、自分の作品の話です。MMD5作目は、仮面ライダーです。


【ニコニコ動画】【MikuMikuDance】仮面ライダーミクイド【変身!】

動画のコメントにも書いてますけど、今やっている平成仮面ライダーシリーズの「仮面ライダーディケイド」に、これまた平成ライダーの「仮面ライダーブレイド」が出ていたので、懐かしくてついつい作っちゃったって感じの動画です。

なのに、2009年8月16日現在、僕が投稿した作品の中でなぜか一番再生数が多く、今でもちょこちょこ伸びています。初の4桁越えもこの動画ですし、初の5000再生もコレです。

6作目の「ネルウマ」と平行で作っていて、長くなりそうだってので、ちょっと息抜きって感じで、作ったんですけどねぇ。でも、それなりにちゃんとパワーかけましたけどねw

NIVEとかElementsとか持っていなかったので、エフェクトかけていませんけど(っていうか分からなかった)、それなりに工夫したつもりです。変身畳とタグがつきましたが、あれは自分で書いたんですよね。ああ、懐かしい。

仮面ライダーミクイド変身畳
-変身畳-

それにしても不思議です。なぜ伸びるのでしょう?

ちなみに、ブレイドに出てくるライダーでは、カリスが好きです。
僕が知っているライダーの中で1・2を争いますね!
仮面ライダーカリス
-仮面ライダーカリス-

ちなみに、カリスと争っているのは、仮面ライダー響鬼です。
あれは、カッコイイよねぇ。

ということで、ライダーシリーズみたいなものは、また思いつきで作るかもしれません。

それではまた!
眠民でした。

| 投稿動画 | 23:22 | トラックバック:0 | コメント:2
ネルウマ


ども、眠民です。胃が痛いです。夏ばてはまだまだ現在進行形ってところですねぇ。早く秋になって欲しいです。まあ、秋には秋でばてるかもしれませんが。そうなると、秋ばてなんですかね?

さて、動画の紹介を。MMD6作目は、一番思い入れのある「ネルウマ」です。


【MikuMikuDance】ネルウマ【ぷち物語】

仮タイトルは「ネルの落ち込み」なんですけど、アップする時に「ネルウマ」にするか「ウマネル」にするか悩んだんですよね。で、ウマネルだと「生まれる」と意味を取られそうで、やっぱりこっちかなーと「ネルウマ」にしたわけです。まあ、どっちにしろ分かられると思いますが、ネルウマウマで、ネルウマってわけです。

そんな経緯があったせいなのか、実際にうpしたタイトルが、未だに自分でもウマネルだったかどっちか分からなくなることがあります。


何はともあれこの動画は自分にとって、初の物語風で、初の5分超え、初のNIVE使用、初のIK offなど、初挑戦目白押しの作品でした。4作目のウマウマ動画で、肩が上がっていないという指摘もあり、意識して肩を使った動画でもありました。

そんな初めて続きだったが為に、3週間以上も掛かってしまいました。時間が掛かった理由は色々とあるのですが、とにかくNIVEの使い方が分からなかった。いや、今でもよく分かっていませんけども。使ったといっても、2カ所だけで、ハクの笑顔が輝く場面と、最後の方でミクがVer1からVer2に変身する場面です。

たったこれだけの1秒か2秒程度のエフェクトですが、とにかくさっぱり分かりませんでした。あれこれ解説動画を見てもちんぷんかんぷんで、あーでもないこーでもないと、さわったあげくにやっとできたって感じです。

正しい操作なのか分かりませんが、不満が残るものの、それなりのエフェクトが掛けられたので、ヨシとしました。

これは、本当に苦労しました。

ネタもあれこれいっぱい詰め込んでしまったので、余計に時間が掛かってしまったって感じですねぇ。まぁオープニングとエンディングで、ミクとリンの漫才風掛け合いを入れたおかげで、後のMMD漫才へと繋がるのですが。でも、この時はそんなことを考えてはいませんでした。

自分で作った動画そのものが元ネタになるとは、我ながら不思議です。


で、物語風にするということで、これまた初めてストーリーメモみたいなものを作ってから、モーションを作っていきました。

一部を抜粋すると、こんな感じ。

1.ツカミ

ミクとリンによる紹介。
ネルが落ち込んでいる動画を流しながら説明。
BGMはらららこっぺぱん

2.本編の開始。

ハクが何かをのぞいている

3.ネルがウマウマの練習をしている。

ネルの動きと、ハクの目の表情を場面に合わせて、交互に。


まあ、大筋を書いただけなんですけどね。一応これを元に作っていったってわけです。この作品以降、基本的には何らかのメモを作るようにしています。ぱっと思いついて作った動画には、さすがにメモはありませんがw

ただ、メモを書いた時点では、あーしようこーしようと書いていても、イザ作ってみると、難しかったりちょっと違うかなと思ったり、うまい角度でカメラを合わせることができなかったりで、やむなく変更…ということがあります。その場合は、メモをスルーします(メモ意味ねー)。

そんな感じで、メモ通りにいかなかったシーンを一つ紹介。「ネルがウマウマの練習をしているところをハクに見つかってしまうが、ネルは何もしていないと強がる…、そしてハクがネルに対して優しく微笑む場面」メモではこう書いていました。

・やさしくネルの手に手を触れるハク
・その手を見るネル
・慈愛に満ちたような笑顔を見せるハク
・それに驚くネル


という流れなんですが、最初の「手に手を触れる」という場面を、うまく画面に入れることができませんでした。今考えると、短いカットを割り込ませば良かったんでしょうけど、その時はそういう考えが浮かびませんでした。

うpした動画は
ハクがネルの手を握るうp版

こんな感じですが、

一応データとしては
ハクがネルの手を握る

こんな感じで、ハクはネルの手を握っています。でもまぁ、話のリズムからして、あれで良かったのかもしれませんけどね。ただ、もっとうまいカメラワークがあったのかも知れません。


思い入れといえば、こういうのもあります。それは、ネルの背中です。

いいですよね!ネルの背中。あれは萌えます。草かんむりに明るいと書いて「萌え」ですよ。何が萌えるって、ネルの服って背中側、穴が開いてますよね。あれは、絶妙なデザインですよ。誰が考えたんですか?シェフを呼べ!シェフを!って感じです。頭をなでてあげたいところですよ。

あの穴から見える、ネルの背中のラインが、とても素敵です。ネルウマは、いかにその背中が素敵に見えるかということに挑戦した動画でもあります。その思いは、12作目の「百合っぽいどに挑戦」でも、遺憾なく発揮されています。結果に結びついているかは分かりませんが。
ネルの背中

今後も、ネルを登場させる時は、あの背中を如何に綺麗に見せるか・萌える背中にするか、うまくポーズさせたり、あれこれカメラの角度を変えたりして、挑戦し続けることを宣言します!

ということで、なんだか訳の分からん内容になってきましたが、ともあれ、この動画は思い入れのある作品ということです。

それではまた!
眠民でした。







| 投稿動画 | 22:31 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

ついったー

返答しにくいつぶやきシロー

MMD時計

MMD時計

眠民かうんたー

かうんたー

プロフィール

眠民

Author:眠民
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。